廣瀬陽子教授が読み解く フィンランドが集団防衛を決断できた理由とは

2022/05/28 18:00

 北大西洋条約機構(NATO)への加盟を申請したフィンランド。なぜ軍事的中立から政策転換し集団防衛を決断できたのか。慶應義塾大学教授・廣瀬陽子さんが解説する。AERA 2022年5月30日号の記事から。

あわせて読みたい

  • サンナ・マリン首相 単独インタビュー 「国と未来を守るための決断」の背景とは

    サンナ・マリン首相 単独インタビュー 「国と未来を守るための決断」の背景とは

    AERA

    5/25

    NATOに求められる責務 「ロシアとの対話と相互理解に立ち戻るべき」と専門家

    NATOに求められる責務 「ロシアとの対話と相互理解に立ち戻るべき」と専門家

    AERA

    3/10

  • なぜフィンランドはNATOに加盟申請? 成功してきた中立政策を捨てた背景

    なぜフィンランドはNATOに加盟申請? 成功してきた中立政策を捨てた背景

    AERA

    5/30

    ウクライナ侵攻は長期化の見通し ロシアは「勝っても負けても没落」と専門家が予測

    ウクライナ侵攻は長期化の見通し ロシアは「勝っても負けても没落」と専門家が予測

    AERA

    5/29

  • 「プーチンは人格が壊れた指導者」 ロシア政治専門家が語るウクライナ侵攻の「誤算」と核攻撃の可能性

    「プーチンは人格が壊れた指導者」 ロシア政治専門家が語るウクライナ侵攻の「誤算」と核攻撃の可能性

    dot.

    3/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す