公園に縁のないまま育った我が子 すべての子どもが遊べるインクルーシブ公園への願い

障害のある子と生きる家族が伝えたいこと

AERAオンライン限定

2022/04/26 16:00

「インクルーシブ」「インクルージョン」という言葉を知っていますか? 障害や多様性を排除するのではなく、「共生していく」という意味です。自身も障害のある子どもを持ち、滞在先のハワイでインクルーシブ教育に出合った江利川ちひろさんが、インクルーシブ教育の大切さや日本での課題を伝えます。

あわせて読みたい

  • 障害があっても「公園で遊ぶ」をあきらめない! 東京都の「誰もが遊べる場」作り

    障害があっても「公園で遊ぶ」をあきらめない! 東京都の「誰もが遊べる場」作り

    AERA

    1/26

    誰もが楽しめる「インクルーシブ」な公園 求められる当事者の視点とは?

    誰もが楽しめる「インクルーシブ」な公園 求められる当事者の視点とは?

    AERA

    1/25

  • 「あなたは絶対に頑張ってはいけない」 障害のある子どもの育児観をガラリと変えたひと言
    筆者の顔写真

    江利川ちひろ

    「あなたは絶対に頑張ってはいけない」 障害のある子どもの育児観をガラリと変えたひと言

    AERA

    3/16

    試行錯誤しながらたどり着いた「食べやすさ優先」 身体が不自由な子どものお弁当事情
    筆者の顔写真

    江利川ちひろ

    試行錯誤しながらたどり着いた「食べやすさ優先」 身体が不自由な子どものお弁当事情

    AERA

    5/10

  • 車椅子でも「みんな同じ子ども」 障害のある子を持つ母がハッとした留学生の言葉
    筆者の顔写真

    江利川ちひろ

    車椅子でも「みんな同じ子ども」 障害のある子を持つ母がハッとした留学生の言葉

    AERA

    9/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す