プーチン氏、悪目立ちで米国は「警察国家」役を返上 薄れるバイデン氏の存在感

ウクライナ

2022/03/30 08:00

 悪い意味で存在感を増すロシアのプーチン大統領に対し、影が薄い米国のバイデン大統領。米国が「警察国家」役を返上し、ウクライナへの派兵のカードを切れない理由がある。AERA 2022年4月4日号の記事から紹介する。

あわせて読みたい

  • 田原総一朗「国内に課題あるバイデン 有効な対ロ政策打ち出せるか」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「国内に課題あるバイデン 有効な対ロ政策打ち出せるか」

    週刊朝日

    3/2

    イアン・ブレマー「今起きているのは『新冷戦』だ」 ウクライナ侵攻は「Gゼロ」環境下で起きた最も大きな悲劇

    イアン・ブレマー「今起きているのは『新冷戦』だ」 ウクライナ侵攻は「Gゼロ」環境下で起きた最も大きな悲劇

    AERA

    3/24

  • バイデン政権が抱えるロシアの核使用リスク ウクライナ「飛行禁止区域」設定なら「全面戦争」の引き金に

    バイデン政権が抱えるロシアの核使用リスク ウクライナ「飛行禁止区域」設定なら「全面戦争」の引き金に

    AERA

    4/2

    「プーチンは人格が壊れた指導者」 ロシア政治専門家が語るウクライナ侵攻の「誤算」と核攻撃の可能性

    「プーチンは人格が壊れた指導者」 ロシア政治専門家が語るウクライナ侵攻の「誤算」と核攻撃の可能性

    dot.

    3/10

  • プーチン氏はいかにして開戦に至ったのか? ジョン・ボルトン元米大統領補佐官が解説

    プーチン氏はいかにして開戦に至ったのか? ジョン・ボルトン元米大統領補佐官が解説

    AERA

    4/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す