エネルギーのロシア依存、欧州各国で迫られる転換 日本も「対岸の火事」ではない

2022/03/10 08:00

 ロシアによるウクライナへの軍事侵攻が続く中、ロシアに依存してきたエネルギー政策が転換に迫られている。今後、エネルギー市場はどう変化するのか。AERA 2022年3月14日号は、日本エネルギー経済研究所・研究主幹の伊藤庄一さんに聞いた。

あわせて読みたい

  • ウクライナ侵攻は日本の食にも影響 めんたいこ、カニ、ウニの供給に不安も

    ウクライナ侵攻は日本の食にも影響 めんたいこ、カニ、ウニの供給に不安も

    AERA

    3/25

    気候戦争としてウクライナ侵略を読み解く 経済思想家・斎藤幸平

    気候戦争としてウクライナ侵略を読み解く 経済思想家・斎藤幸平

    AERA

    3/9

  • サハリン―茨城でパイプライン構想 電力会社も賛成?

    サハリン―茨城でパイプライン構想 電力会社も賛成?

    AERA

    2/3

    トンガ以上の大噴火、日照量減少で「再エネ」効率悪化の懸念も 「脱炭素」政策にも影響か

    トンガ以上の大噴火、日照量減少で「再エネ」効率悪化の懸念も 「脱炭素」政策にも影響か

    AERA

    1/27

  • 株価にも影響する“脱炭素” 専門家は「早く取り組むほど損失減」

    株価にも影響する“脱炭素” 専門家は「早く取り組むほど損失減」

    週刊朝日

    6/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す