相続が“争族”の火種になる前に…今から始める「リモート終活」41の心得

ウィズコロナ

2022/02/27 08:00

 丸2年が経つコロナ禍で、人との接点が減ることに慣れてしまった。それは自分の親も例外ではないかもしれない。親が亡くなると、相続や死後事務などの手続きは膨大だ。AERA2022年2月28日号では、リモート終活について取材した。

あわせて読みたい

  • 亡父が住宅ローン完済と偽っていた…あなたにも降り掛かるもしれない「相続騒動」の可能性

    亡父が住宅ローン完済と偽っていた…あなたにも降り掛かるもしれない「相続騒動」の可能性

    AERA

    2/26

    ジャガー横田が明かした「息子への風当たりは強くなる」 それでもYouTubeで親子関係さらけ出す理由

    ジャガー横田が明かした「息子への風当たりは強くなる」 それでもYouTubeで親子関係さらけ出す理由

    AERA

    2/25

  • 80歳の老親まさかのスマホデビューで増えた「手間」と「会話」 コロナで縮まる親子の距離感

    80歳の老親まさかのスマホデビューで増えた「手間」と「会話」 コロナで縮まる親子の距離感

    AERA

    2/24

    老親がLINE連投、「娘大好き度」は高まるばかり…子どもへの依存に専門家が指摘する「努力」とは

    老親がLINE連投、「娘大好き度」は高まるばかり…子どもへの依存に専門家が指摘する「努力」とは

    AERA

    2/25

  • 遺言書だけじゃない 身内を困らせない“死後の手続き”への準備

    遺言書だけじゃない 身内を困らせない“死後の手続き”への準備

    週刊朝日

    1/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す