サブカルから原発まで“鳥の目”で日本を見る「職業ドイツ人」、マライ・メントライン

AERA「現代の肖像」

現代の肖像

2022/02/04 17:00

「職業はドイツ人」を名乗るマライ・メントライン。幼い頃に見た絵本でアジアに興味を持ち、民族博物館で日本の文化に引かれた。16歳になると、日本の高校に留学。2008年から本格的に日本に住むと、日本語もドイツ語もできることで、通訳、翻訳以外にもさまざまな業界から声がかかる。日本のサブカルやエンタメも大好き。マライ・メントラインを通して見る日本は、新しい魅力であふれている。

あわせて読みたい

  • 日英独トリリンガルのSexy Zoneマリウス葉 親に心配されるほど勉強した理由

    日英独トリリンガルのSexy Zoneマリウス葉 親に心配されるほど勉強した理由

    dot.

    7/21

    ミッツ・マングローブ「『中国人』を見下していたのはどちらか」
    筆者の顔写真

    ミッツ・マングローブ

    ミッツ・マングローブ「『中国人』を見下していたのはどちらか」

    週刊朝日

    7/28

  • IOCバッハ会長の野望はノーベル平和賞? 東京五輪開催は”功績”なのか

    IOCバッハ会長の野望はノーベル平和賞? 東京五輪開催は”功績”なのか

    dot.

    7/29

    IOCバッハ会長は中国の意に沿ったのか 「彭帥問題」で火種を抱えた平和の祭典

    IOCバッハ会長は中国の意に沿ったのか 「彭帥問題」で火種を抱えた平和の祭典

    AERA

    12/16

  • グローバル化で加速するバイリンガル教育の

    グローバル化で加速するバイリンガル教育の"落とし穴"とは?

    BOOKSTAND

    9/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す