オミクロン株で既存薬の効果低下 入院リスク3分の1でも医療の負担減にならない理由

新型コロナウイルス

2022/01/12 08:00

 国内でも感染者が再び増加に転じている。オミクロン株の入院が必要になるリスクは既存のウイルスより低いという報告もあるが、ワクチンや既存薬の効果も低下するだけに油断はできない。AERA 2022年1月17日号から。

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す