終わらないヘイトと差別がある社会 法律や条例できても「実効性が弱い」課題も

2022/01/03 08:00

 ヘイトスピーチ対策法の施行から5年半。2020年には、川崎市で差別禁止条例もできた。それでもなお、憎悪をあおる誹謗中傷や差別はなくならない。AERA 2022年1月3日-1月10日合併号から。

あわせて読みたい

  • 中学生がヘイト浴びた経験をラップで表現…ネットにあふれる差別的コメント

    中学生がヘイト浴びた経験をラップで表現…ネットにあふれる差別的コメント

    AERA

    4/30

    ヘイトスピーチ対策法施行 今後の課題は?

    ヘイトスピーチ対策法施行 今後の課題は?

    AERA

    6/26

  • 誹謗中傷から殺人予告まで…差別と闘う苦しさ 被害者が声をあげなくてもいい社会に

    誹謗中傷から殺人予告まで…差別と闘う苦しさ 被害者が声をあげなくてもいい社会に

    AERA

    2/6

    阻止されたヘイトスピーチ 対策法で根絶なるか

    阻止されたヘイトスピーチ 対策法で根絶なるか

    週刊朝日

    6/18

  • ヘイト被害訴えた女性 まとめサイトとの「自己犠牲的」戦い

    ヘイト被害訴えた女性 まとめサイトとの「自己犠牲的」戦い

    AERA

    1/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す