優勝しても「悔しい」 フィギュア男子の次世代エースが次々と表彰台へ

フィギュアスケート

2021/12/01 09:00

 ポスト羽生結弦、宇野昌磨のレースが急展開している。今季のグランプリシリーズ2連勝により鍵山優真は世界ランク1位に。同世代の男子スケーターたちも世界を相手に存在感を見せ始めた。AERA 2021年12月6日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す