優勝しても「悔しい」 フィギュア男子の次世代エースが次々と表彰台へ

フィギュアスケート

2021/12/01 09:00

 ポスト羽生結弦、宇野昌磨のレースが急展開している。今季のグランプリシリーズ2連勝により鍵山優真は世界ランク1位に。同世代の男子スケーターたちも世界を相手に存在感を見せ始めた。AERA 2021年12月6日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 世界記録超えの鍵山と“ジャンプの天才”佐藤、ポスト羽生世代の超新星

    世界記録超えの鍵山と“ジャンプの天才”佐藤、ポスト羽生世代の超新星

    dot.

    11/18

    「攻める気持ちが悪い方向に」 イタリア大会優勝の鍵山優真がSPでは撃沈した理由を語る

    「攻める気持ちが悪い方向に」 イタリア大会優勝の鍵山優真がSPでは撃沈した理由を語る

    AERA

    11/16

  • 次世代の日本を担うスケーター、鍵山優真と佐藤駿が見せた“それぞれの魅力”

    次世代の日本を担うスケーター、鍵山優真と佐藤駿が見せた“それぞれの魅力”

    dot.

    10/5

    「練習してきたことを頑張るだけ」 鍵山優真がイタリア大会のフリープログラムで起こした奇跡

    「練習してきたことを頑張るだけ」 鍵山優真がイタリア大会のフリープログラムで起こした奇跡

    AERA

    11/17

  • フィギュア世界ジュニアで銀メダルも「悔しさ忘れない」 鍵山優真の武器とは

    フィギュア世界ジュニアで銀メダルも「悔しさ忘れない」 鍵山優真の武器とは

    AERA

    3/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す