「見えなかったものを思いがけず発見する」 能楽師が語る、感覚器官に頼らずものを見る力

2021/11/11 17:00

 AERAで連載中の「この人この本」では、いま読んでおくべき一冊を取り上げ、そこに込めた思いや舞台裏を著者にインタビュー。

 能楽師・安田登さんによる『見えないものを探す旅 旅と能と古典』は、「目に映る」とは異なる「見る」とは何か、自分に問いかけたくなる一冊である。能楽師として実際に出かけた旅、能や文学を通じて古典と現代を往還してきた心の旅。さまざまな旅を続けてきた著者が、情報が溢れかえる現代に「目などの感覚器官に頼らずにものを見る力」の重要性について語る。著者の安田さんに、同著にかける思いを聞いた。

あわせて読みたい

  • 「男の世界」同門の能舞台に立てたのは26年後…古典芸能の道を極める女性たちの知られざる奮闘

    「男の世界」同門の能舞台に立てたのは26年後…古典芸能の道を極める女性たちの知られざる奮闘

    AERA

    7/30

    内田樹「古希に迫ってかかる煩悩の虜となるとは…」

    内田樹「古希に迫ってかかる煩悩の虜となるとは…」

    AERA

    9/26

  • 2月号能楽師 安田登Yasuda Noboru類書のない芸能史

    2月号能楽師 安田登Yasuda Noboru類書のない芸能史

    2/9

    世界で最も美しい駅14選に国内で唯一選ばれた「金沢駅」。鼓門のおもてなし力

    世界で最も美しい駅14選に国内で唯一選ばれた「金沢駅」。鼓門のおもてなし力

    tenki.jp

    5/16

  • 内田樹「名刀を手にして思う 伝統工芸・芸能の継承には『旦那』が必要だ」
    筆者の顔写真

    内田樹

    内田樹「名刀を手にして思う 伝統工芸・芸能の継承には『旦那』が必要だ」

    AERA

    9/23

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す