献身して搾取され…マルクスの娘の波乱の人生描く映画 監督「現代人にも通じる複雑なキャラクター」と語る

2021/10/03 08:00

『資本論』で知られるカール・マルクス。末娘の生き様を描いた映画「ミス・マルクス」。スザンナ・ニッキャレッリ監督が、現代人に通じる彼女の魅力を語った。AERA 2021年10月4日号に掲載された記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 高橋一生×蒼井優「スパイの妻」 映画評論家4人の評価は?

    高橋一生×蒼井優「スパイの妻」 映画評論家4人の評価は?

    週刊朝日

    10/9

    マルクスが日本に生まれていたら

    マルクスが日本に生まれていたら

    11/28

  • 日本で売春を強要されたコロンビア人女性が証言する人身売買の闇

    日本で売春を強要されたコロンビア人女性が証言する人身売買の闇

    ダイヤモンド・オンライン

    11/14

    佐藤優氏が池上彰氏との共著で“ピケティ現象”を解読

    佐藤優氏が池上彰氏との共著で“ピケティ現象”を解読

    dot.

    4/7

  • 池上彰と佐藤優がAERAで白熱議論「『資本論』はこう読め!」

    池上彰と佐藤優がAERAで白熱議論「『資本論』はこう読め!」

    dot.

    11/6

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す