木村拓哉「嫌なものは嫌、好きなものは好き」 俳優としてシンガーとして嘘のない自分

2021/09/21 11:30

 俳優として、シンガーとして、年齢を重ねてもしなやかな躍動感で見る人を魅了してきた「国民的スター」、木村拓哉。主演映画「マスカレード・ナイト」で再び扮するのは、犯人逮捕を優先し、すべてを疑う腕利きの潜入捜査官だ。自らを「オールドルーキー」と呼び、フローイングし続ける。AERA 2021年9月20日号に掲載された記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 木村拓哉×長澤まさみ、これまで泊まった「忘れられないホテル」は…

    木村拓哉×長澤まさみ、これまで泊まった「忘れられないホテル」は…

    AERA

    1/30

    木村拓哉さんの笑顔が、「週刊朝日」の表紙を飾ります!

    木村拓哉さんの笑顔が、「週刊朝日」の表紙を飾ります!

    1/11

  • 木村拓哉、誤解や敵意にさらされたとき「僕ならこう乗り越える」

    木村拓哉、誤解や敵意にさらされたとき「僕ならこう乗り越える」

    AERA

    1/29

    大ヒット木村拓哉「マスカレード・ホテル」で一つだけつらかったこと
    筆者の顔写真

    矢部万紀子

    大ヒット木村拓哉「マスカレード・ホテル」で一つだけつらかったこと

    dot.

    2/11

  • 木村拓哉さんがAERAをジャック!表紙・表紙の人・インタビュー・対談に登場

    木村拓哉さんがAERAをジャック!表紙・表紙の人・インタビュー・対談に登場

    1/18

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す