木村拓哉「嫌なものは嫌、好きなものは好き」 俳優としてシンガーとして嘘のない自分

2021/09/21 11:30

※写真はイメージ(gettyimages)
※写真はイメージ(gettyimages)

 俳優として、シンガーとして、年齢を重ねてもしなやかな躍動感で見る人を魅了してきた「国民的スター」、木村拓哉。主演映画「マスカレード・ナイト」で再び扮するのは、犯人逮捕を優先し、すべてを疑う腕利きの潜入捜査官だ。自らを「オールドルーキー」と呼び、フローイングし続ける。AERA 2021年9月20日号に掲載された記事を紹介する。

【写真】蜷川実花が撮った!AERAの表紙を飾った木村拓哉さんはこちら

*  *  *

 大ヒットした前作「マスカレード・ホテル」に続く映画「マスカレード・ナイト」は、高級ホテル「コルテシア東京」が再び舞台になる。カウントダウンパーティーが開かれる大みそか、殺人犯がホテルに現れるという密告情報が警察に届く。多くの客が行き交い、華やかな仮面パーティーの準備が進むなか、木村拓哉(48)が演じる敏腕刑事、新田浩介は鋭い観察眼と推理力で事件の解明に挑む。

──2019年公開の「マスカレード・ホテル」に続き、新田浩介を演じることになりました。

 前の事件から2年くらい経過して、もう一度、同じホテルに身を置くことは、新鮮な感覚ではありましたね。同じ役に変身するのも、ちょっとした醍醐味でしたし。年越しが迫る24時間のなかで物語が展開する設定も、時間感覚を意識する演技をすることになって、刺激がありました。

──前作と同じく、共演の長澤まさみさんとのバディ関係も映画の見どころです。長澤さんが演じる山岸尚美はホテルパーソンとして、すべてのお客様を信じようとしますが、逆に新田は犯人逮捕のために疑いの目を向けます。そんな対立する立場の違いを超えて、信頼しあう関係に変わっていくところは魅力的です

 長澤さんが山岸尚美という人物をしっかり掴んで現場にいてくださるので、僕もセッションを楽しむことができました。相手役が長澤さんだから、という部分はすごく大きかったです。

 新田は前回、ホテルという特殊な環境で行動を制限されながら捜査をしていたので、「またですか」というモチベーションで、ホテル・コルテシア東京に向かうんです。でも、行ってみたら、フロントクラークの山岸がいない。彼女はコンシェルジュに昇格していて、以前のようにフロントにいつもいるわけではない。それが2人の距離感に影響して、離れて行動することも多くなった。

1 2 3 4

あわせて読みたい

  • 木村拓哉×長澤まさみ、これまで泊まった「忘れられないホテル」は…

    木村拓哉×長澤まさみ、これまで泊まった「忘れられないホテル」は…

    AERA

    1/30

    木村拓哉さんの笑顔が、「週刊朝日」の表紙を飾ります!

    木村拓哉さんの笑顔が、「週刊朝日」の表紙を飾ります!

    1/11

  • 木村拓哉、誤解や敵意にさらされたとき「僕ならこう乗り越える」

    木村拓哉、誤解や敵意にさらされたとき「僕ならこう乗り越える」

    AERA

    1/29

    大ヒット木村拓哉「マスカレード・ホテル」で一つだけつらかったこと
    筆者の顔写真

    矢部万紀子

    大ヒット木村拓哉「マスカレード・ホテル」で一つだけつらかったこと

    dot.

    2/11

  • 木村拓哉さんがAERAをジャック!表紙・表紙の人・インタビュー・対談に登場

    木村拓哉さんがAERAをジャック!表紙・表紙の人・インタビュー・対談に登場

    1/18

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す