桁外れの金持ち「渋沢栄一」が贅沢豪遊もせずに… 医師でなくてもできる医学貢献の道

歴史上の人物を診る

AERAオンライン限定

2021/12/26 08:00

東京都健康長寿医療センターの敷地内にある渋沢栄一の銅像
東京都健康長寿医療センターの敷地内にある渋沢栄一の銅像

『戦国武将を診る』などの著書をもつ産婦人科医で日本大学医学部病態病理学系微生物学分野教授の早川智医師が、歴史上の偉人や出来事を独自の視点で分析。今回は、NHK大河ドラマ「青天を衝け」の主人公・渋沢栄一(1840~1931年)を「診断」する。

*  *  *

 勤務先の近くに東京都健康長寿医療センターがある。以前、共同研究の打ち合わせで伺ったときに、正門近くに日本の資本主義の父・渋沢栄一の銅像があった。

 いくら渋沢翁が長寿だったとはいえ、この病院と何の関係があるのかと思って碑板を見ると、渋沢栄一が長く、健康長寿医療センターの前身である養育院の院長を務めた功績を讃えたものであった。

■財を成す人も困窮する人も

 明治維新という大改革で、幕府は瓦解、旗本御家人のみならず諸藩の武士も失職、江戸幕府体制の中で農商工業に従事していた人々も、渋沢のように財を成す人もいれば困窮する人もいた。首都・東京の困窮者、病者、孤児、老人、障害者を保護する目的で明治7年に養育院が設立された。

 しかし、その源流は幕府時代にさかのぼる。

 養育院を設立した東京府知事大久保一翁(忠寛)は、旧幕府の目付であったときに西洋風の・幼院・病院設置を幕府に進言、手元不如意であった幕府は、さらに遡って松平定信が定めた貧民救済資金「七分積金」を基金とし、これが明治になって「営繕会議所共有金」として残されていた。

 大久保からこの資金の運用を任された渋沢は、当初、養育院事務長として1890(明治23)年、東京市営となると、養育院長となって91歳で亡くなる昭和6年まで半世紀にわたって院長を続けた。明治29年にはエドワード・ジェンナーの種痘発明100年記念式(善那氏種痘発明百年記念会)の発起人となり、予防接種普及のため東京市に多額の献金をしている。

 もちろん、その間に、第一国立銀行(現・みずほ銀行)の創立、全国の中小銀行の設立と支援、抄紙会社(現・王子ホールディングス、日本製紙)、東京府の瓦斯掛(現・東京ガス)、東京海上保険会社(現・東京海上日動火災保険)、日本鉄道会社(現・東日本旅客鉄道)、東京電灯会社(現・東京電力ホールディングス)、大阪紡績会社(現・東洋紡)などなど、500を超える企業の設立や運営に貢献した。

NEXT

豪遊も散財もせずに医学貢献にも…

1 2

あわせて読みたい

  • 「『新札はこれで最後でしょうね』と財務省の方が…」新札モデル“子孫対談”

    「『新札はこれで最後でしょうね』と財務省の方が…」新札モデル“子孫対談”

    週刊朝日

    10/1

    新紙幣の偉人“ゆかりの地”に行ってみよう!~渋沢栄一編~

    新紙幣の偉人“ゆかりの地”に行ってみよう!~渋沢栄一編~

    tenki.jp

    5/6

  • カフェでの藍染め体験も 大河ドラマの主役・渋沢栄一ゆかりの地に注目集まる

    カフェでの藍染め体験も 大河ドラマの主役・渋沢栄一ゆかりの地に注目集まる

    AERA

    12/12

    ゆかりの地を誌上ツアー…「五代ロス」のあなた、ここに行けば会えます!

    ゆかりの地を誌上ツアー…「五代ロス」のあなた、ここに行けば会えます!

    dot.

    1/24

  • 渋沢栄一の『論語と算盤』から100年を経て見つけたSDGsとの共通点
    筆者の顔写真

    渋沢健

    渋沢栄一の『論語と算盤』から100年を経て見つけたSDGsとの共通点

    dot.

    5/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す