浜矩子「見たくないものは見ない その決断が我々を惨劇の流砂につれていく」 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

浜矩子「見たくないものは見ない その決断が我々を惨劇の流砂につれていく」

連載「eyes 浜矩子」

浜矩子AERA#浜矩子
浜矩子/経済学者、同志社大学大学院教授

浜矩子/経済学者、同志社大学大学院教授

 経済学者で同志社大学大学院教授の浜矩子さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、経済学的視点で切り込みます。

【写真】五輪に見放された“最強の男”
*  *  *
 東京オリンピックの開幕がすぐそこまで迫ってきている。どうも、本気でやるつもりらしい。この時を待ちわびてきた選手の皆さんには実に申し訳ないが、「開催」という選択は、到底、正気の沙汰とは思えない。

 この間の経緯を改めて振り返れば、どうも、何とか、「今さら中止にできない」というタイミングに一刻も早くこぎ着けたいという構えで、事が運ばれてきたように思う。「後戻りは不可」のラインを駆け抜けてしまいたい。これが、大会関係者と政府与党の心理状態だったのではないか。

 ここで頭に浮かぶのが、英語の“eyes wide shut”という言い方だ。普通は“eyes wide open”と言う。「目をしっかり見開いて」の意だ。それに対して、“shut”の方は「目をしっかり閉じ切って」ということ。揶揄(やゆ)的にもじった表現である。

 見たくないものは見ない。都合の悪いことが迫ってきたら、力いっぱい目を閉じる。目あれど見ない状態で、大惨事に向かって突入していく。これが、“eyes wide shut”状態の人々のやり方だ。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい