パーティションで「密室化」してクラスター 感染対策の落とし穴と正しい使い方

新型コロナウイルス

2021/06/17 08:00

 新型コロナウイルスの感染対策としてすっかりおなじみになった、オフィスや飲食店のビニールシートや アクリル板のパーティション。安心の目安になると思いきや、思わぬ落とし穴があるという。AERA 2021年6月21日号から。

あわせて読みたい

  • CO2センサー「適正に測定」は廉価品12台中たった1台 専門家が教える失敗しない選び方

    CO2センサー「適正に測定」は廉価品12台中たった1台 専門家が教える失敗しない選び方

    AERA

    8/31

    子どもの感染増加、気を付けたい「学校の換気」 新しい校舎と古い校舎で差も

    子どもの感染増加、気を付けたい「学校の換気」 新しい校舎と古い校舎で差も

    AERA

    10/4

  • 第2波防ぐカギは「何が何でも出社する」からの脱却 在宅勤務を選択できる風潮を

    第2波防ぐカギは「何が何でも出社する」からの脱却 在宅勤務を選択できる風潮を

    AERA

    6/3

    「空気感染」が主流だった 滞留12時間超のエアロゾルにもやっぱり「マスク」と「換気」

    「空気感染」が主流だった 滞留12時間超のエアロゾルにもやっぱり「マスク」と「換気」

    AERA

    9/9

  • 暖房をつけているのに「寒い」は換気しすぎ 正しい窓開けのタイミングと時間は?

    暖房をつけているのに「寒い」は換気しすぎ 正しい窓開けのタイミングと時間は?

    AERA

    12/31

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す