アプリで同大学同学部の同い年と意気投合 「寝る場所だった家が結婚で変わった」元・メディア業界の夫婦 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

アプリで同大学同学部の同い年と意気投合 「寝る場所だった家が結婚で変わった」元・メディア業界の夫婦

井上有紀子AERA#はたらく夫婦カンケイ
【妻】五十嵐未沙[33]ピップ広報:いがらし・みさ◆1988年、千葉県生まれ。2012年、成城大学卒業。千葉テレビ放送に入社。広告営業、ビジネス番組のAPなどを経験した。19年、ピップに転職。ピップエレキバンなどの広報、企業広報を担当/【夫】夫五十嵐啓晃[33]オズマピーアール企業PR:いがらし・ひろあき◆1988年、千葉県生まれ。2012年に成城大学卒業後、東京ニュース通信社に入社。TVガイドの記者、編集者を務める。18年、学研メディカルサポートに転職して、医療従事者向け動画を制作。19年から現職でクライアント企業のPRを担当(撮影/写真部・高橋奈緒)

【妻】五十嵐未沙[33]ピップ広報:いがらし・みさ◆1988年、千葉県生まれ。2012年、成城大学卒業。千葉テレビ放送に入社。広告営業、ビジネス番組のAPなどを経験した。19年、ピップに転職。ピップエレキバンなどの広報、企業広報を担当/【夫】夫五十嵐啓晃[33]オズマピーアール企業PR:いがらし・ひろあき◆1988年、千葉県生まれ。2012年に成城大学卒業後、東京ニュース通信社に入社。TVガイドの記者、編集者を務める。18年、学研メディカルサポートに転職して、医療従事者向け動画を制作。19年から現職でクライアント企業のPRを担当(撮影/写真部・高橋奈緒)

 AERAの連載「はたらく夫婦カンケイ」では、ある共働き夫婦の出会いから結婚までの道のり、結婚後の家計や家事分担など、それぞれの視点から見た夫婦の関係を紹介します。2021年5月31日号では、企業広報の五十嵐未沙さん、企業PRの啓晃さん夫婦について取り上げました。

*  *  *
夫30歳、妻30歳で結婚。夫婦二人暮らし。

【出会いは?】2017年末、夫が妻にマッチングアプリでメッセージを送ったものの、気づかれなかった。18年1月、めげずに再送したところ、妻から返信があった。

【結婚までの道のりは?】メッセージを交換して、同じ大学、学科出身だとわかった。メッセージの1週間後に初対面。その2週間後に交際スタート。さらに3カ月後にプロポーズ、2カ月後に結婚。

【家事や家計の分担は?】家事が得意な夫が主に家の中を担当、妻は渉外担当。家計は、夫がいったん支払い、妻は半額を夫に手渡し。


五十嵐未沙[33]
ピップ広報

いがらし・みさ◆1988年、千葉県生まれ。2012年、成城大学卒業。千葉テレビ放送に入社。広告営業、ビジネス番組のAPなどを経験した。19年、ピップに転職。ピップエレキバンなどの広報、企業広報を担当

 あこがれていたテレビ局で新卒から働いていました。仕事は充実していましたし、男女関係なく働けたのはありがたかったです。でも、生活は不規則で、いつも頑張らなきゃと迷走していました。業界を見渡すと、バリバリ働いていて、おしゃれで素敵だけど、プライベートには満足していない女性の先輩が多くいると知りました。このままこんな働き方をしていていいのか、30代を迎えるにあたって漠然とした不安がありました。私がこのままでいられる場所はないか考えていたとき、夫と出会いました。

 お互いテレビが好きなので、夫婦でテレビを見ながら「このプロデューサーの作品は……」と友達には通じないマニアックな話で盛り上がります。家は寝るための場所ではなくなりました。転職して、いまは在宅勤務です。

 私たちは買い物をするとき「ちょっと違う」の感覚が似ています。すり合わせる必要がなく、ストレスが少ないです。唯一違うのは、バスタオルを洗う頻度でしょうか。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい