King & Prince 深めたいのは絆「今の僕たちにしかできないパフォーマンスがある」 (1/4) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

King & Prince 深めたいのは絆「今の僕たちにしかできないパフォーマンスがある」

大道絵里子AERA
アイドルグループ King&Prince(20年10月のオンラインコンサート「King & Prince CONCERT TOUR 2020 ~L&~」から)

アイドルグループ King&Prince(20年10月のオンラインコンサート「King & Prince CONCERT TOUR 2020 ~L&~」から)

 2018年の鮮烈なデビューから3年、King & Princeが5月19日に7枚目のシングルをリリースする。まもなくデビュー3周年を迎える彼らが、挑戦した新境地とこれからの目標を語った。AERA 2021年5月24日号から。

【画像】蜷川実花が撮った!AERA表紙を飾ったKing & Princeはこちら

*  *  *
――新曲「Magic Touch」では、今まで以上にダンスに力を入れたという。振り付けは海外のトップダンサーに依頼し、歌詞は全編英語だ。曲調も大人っぽく、「新たなKing & Prince」を感じられる。

平野紫耀(以下、平野):まさに新しい僕らの世界観というか、「こんなパフォーマンスもできますよ」というのを、多くの方に見てもらいたかったんです。海外進出という目標は、常に胸に秘めながらやっています。もちろん、海外の方に見ていただけたらうれしいですけど、今回はそれだけを意識した曲ではなくて、僕らのファンじゃない方にも見ていただきたいなっていうのが、一番の目標かな。

■僕らの姿を更新したい

神宮寺勇太(以下、神宮寺):僕らは常にファンや世間の皆さまに、「こんなKing & Princeは見たことがない」という姿を更新したいという思いが強くあります。一つ前が「I promise」というキラキラした曲だったので、そこからの振り幅というか、ギャップを楽しんでもらいたいです。

岸優太(以下、岸):音も今までにないくらい重低音が心地いいので、是非ウーファー(重低音専用スピーカー)を用意して聴いてほしいです。

高橋海人(以下、高橋):僕としてはとにかくダンスを見てほしい。えげつないほどこだわったので。

平野:そうだね。実は、ダンスレッスンをやっていても楽曲に生かせないことって多いんですよ。それってもったいないじゃないですか。なので、今回はみんなが揃って踊れるヒップホップダンスを生かせる曲を、ということで決めていったんだよね。

高橋:前に僕らメンバーでアメリカに武者修行しに行った時に、メルビン・ティムティムさんというヒップホップダンス界のトップダンサーにダンスレッスンをしてもらったんです。そのティムティムさんに振り付けをお願いしたら、まさかのOKが出て。今は直接会えないので、映像で振り付けを送ってもらって、稽古場にモニターを置いてリモートでダンスレッスンをしてもらいました。そういう期間を経て、自分たちだけでも、部活動並みに合わせる練習をして。MVを見たら、「King & Princeって、ここまでできるのか」って驚いてもらえると思う。それぐらいの自信はあります。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい