「雑談が苦痛です」発達障害の当事者同士が語り合う 脳のクセと社会との溝をどう埋めるか

2021/05/23 10:00

 発達障害の当事者たちが語り合うことで、特有の悩みや生きづらさを共有する場がある。AERA 2021年5月24日号が現場を取材した。

あわせて読みたい

  • 大人の発達障害、困りごとは「自己理解」と「工夫」で改善できる 専用プログラムの内容とは

    大人の発達障害、困りごとは「自己理解」と「工夫」で改善できる 専用プログラムの内容とは

    AERA

    5/22

    発達障害を持つ人を積極採用の職場にヒント 求められる環境整備とは?

    発達障害を持つ人を積極採用の職場にヒント 求められる環境整備とは?

    AERA

    6/22

  • VRで大人の発達障害の「働きづらさ」を支援 ビジネス講座より実践的なワケ

    VRで大人の発達障害の「働きづらさ」を支援 ビジネス講座より実践的なワケ

    AERA

    7/4

    医師から見た「発達障害」のリアル 7割超が「診断基準の精度」、5割が「過剰診断」を懸念 

    医師から見た「発達障害」のリアル 7割超が「診断基準の精度」、5割が「過剰診断」を懸念 

    AERA

    6/24

  • 発達障害の傾向を持つ父子に母親は鬱状態…家族の機能不全を乗り越えるには

    発達障害の傾向を持つ父子に母親は鬱状態…家族の機能不全を乗り越えるには

    AERA

    4/9

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す