「注目度はイチロー以上」の大谷翔平 別人のような“下半身の太さ”に驚きの声も

野球

2021/05/10 11:30

 大リーグ4年目の大谷翔平が投打で活躍し、全米で注目を集めている。本塁打を量産し、投げては160キロ。肉体強化と打撃フォーム改造が実った形だ。AERA 2021年5月17日号で、その活躍ぶりや米国での反響を取り上げた。

あわせて読みたい

  • 大谷翔平、MVPほぼ確実か 昨年の打率1割9分から驚異の変身 カギは“軸足のタメ”

    大谷翔平、MVPほぼ確実か 昨年の打率1割9分から驚異の変身 カギは“軸足のタメ”

    AERA

    10/12

    大谷翔平、米国で“アイドル”扱い プレーだけでなく「喜怒哀楽」も人気

    大谷翔平、米国で“アイドル”扱い プレーだけでなく「喜怒哀楽」も人気

    AERA

    7/13

  • 大谷翔平「本塁打王と15勝」狙えるルール導入も 投手陣の手薄で負担大の不安要素

    大谷翔平「本塁打王と15勝」狙えるルール導入も 投手陣の手薄で負担大の不安要素

    AERA

    4/19

    大谷翔平だけではない 二刀流の可能性を秘めた選手はこの2人だ

    大谷翔平だけではない 二刀流の可能性を秘めた選手はこの2人だ

    週刊朝日

    6/22

  • 大谷翔平、肉体改造で“ガラスの肉体を”克服 二刀流で試合に出続ける強さを発揮

    大谷翔平、肉体改造で“ガラスの肉体を”克服 二刀流で試合に出続ける強さを発揮

    AERA

    6/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す