被災地でハードルが高い「帰村」 人口が急減した福島・飯舘村を支える移住者の知恵

東日本大震災

2021/03/25 18:00

 震災10年の「これから」がスタートした。だが、被災地の課題は山積している。そんな中、歴史ある村の住民と新たな移住者が「分断」を越えて村づくりに挑む。AERA 2021年3月29日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 斬新なアイデアも「生意気な嫁を育てた村」とかつて揶揄された飯舘村に、ハチ公像が贈られた理由

    斬新なアイデアも「生意気な嫁を育てた村」とかつて揶揄された飯舘村に、ハチ公像が贈られた理由

    AERA

    3/27

    福島県飯舘村で「移住者101人」 避難指示解除から3年余り、戻らない住民も多い一方で

    福島県飯舘村で「移住者101人」 避難指示解除から3年余り、戻らない住民も多い一方で

    AERA

    10/5

  • 「半殺しにされている」除染4割なのに次々と避難指示を解除する国

    「半殺しにされている」除染4割なのに次々と避難指示を解除する国

    週刊朝日

    3/10

    “議会消滅危機”人口全国最小の高知・大川村の現地ルポ

    “議会消滅危機”人口全国最小の高知・大川村の現地ルポ

    週刊朝日

    11/28

  • 原発事故で人の消えた村に進出する県外企業

    原発事故で人の消えた村に進出する県外企業

    AERA

    12/1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す