東北で生まれる新たなビジネス 原発事故で一時は町を出た企業が福島に戻ってきた理由

東日本大震災

2021/02/27 08:02

 震災後の東北で、ビジネスと地域コミュニティーの再生を融合させた、新たな形のビジネスが生まれている。宮城県石巻市で始まった、カーシェアをきっかけに人々をつなげる取り組みは「石巻モデル」として世界から注目される存在に。このほかにも東北では、注目すべき様々な動きがある。AERA 2021年3月1日号で取材した。

あわせて読みたい

  • 宮城県、福島県で震度5弱 津波の心配なし

    宮城県、福島県で震度5弱 津波の心配なし

    tenki.jp

    8/4

    岩手県、宮城県、福島県で震度4の地震 津波の心配なし

    岩手県、宮城県、福島県で震度4の地震 津波の心配なし

    tenki.jp

    5/14

  • 宮城県、福島県で震度3の地震 津波の心配なし

    宮城県、福島県で震度3の地震 津波の心配なし

    tenki.jp

    7/3

    宮城県、福島県で震度4の地震 津波の心配なし

    宮城県、福島県で震度4の地震 津波の心配なし

    tenki.jp

    8/22

  • 原発事故“予言”の広瀬隆が再び警告「近く大事故が起こる」その場所は…

    原発事故“予言”の広瀬隆が再び警告「近く大事故が起こる」その場所は…

    週刊朝日

    11/27

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す