「座りすぎ」健康リスク、週末ジムでは相殺できない 「立って仕事をする工夫を」専門家が助言

ヘルス

2021/02/11 08:02

 外出自粛や在宅勤務で、座っている時間が増えている。座りすぎは、腰痛や肩こりだけでなく、心筋梗塞や脳梗塞を招きやすくなる。AERA 2021年2月15日号は、座りすぎによる健康リスク対策を専門家に聞いた。

あわせて読みたい

  • 世界でいちばん「座りすぎ」! 日本人のがん、脳梗塞との関係は?

    世界でいちばん「座りすぎ」! 日本人のがん、脳梗塞との関係は?

    週刊朝日

    10/11

    貧乏ゆすりも有効 死亡・がんリスク「座りすぎ防止3カ条」で軽減!

    貧乏ゆすりも有効 死亡・がんリスク「座りすぎ防止3カ条」で軽減!

    AERA

    4/6

  • ジムに通っても解消できない? 日本人の「座りすぎ」がヤバい!

    ジムに通っても解消できない? 日本人の「座りすぎ」がヤバい!

    週刊朝日

    10/11

    座り過ぎで死亡リスク40%上昇…がんをも招くメカニズムとは?

    座り過ぎで死亡リスク40%上昇…がんをも招くメカニズムとは?

    AERA

    4/4

  • 「座りすぎ」でがんリスク1.8倍…軽減には「貧乏ゆすり」が有効! 専門家がおすすめ

    「座りすぎ」でがんリスク1.8倍…軽減には「貧乏ゆすり」が有効! 専門家がおすすめ

    AERA

    2/6

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す