移住希望者と地方をwin-winでつなぐ「地域おこし協力隊」 霞が関キャリア官僚も憧れの田舎暮らしへ

2021/02/07 08:02

 コロナ禍もあり密の少ない地方に移住したいが、就業先があるか不安。「地域おこし協力隊」はそんな人々と、人材がほしい自治体の架け橋だ。AERA 2021年2月8日号では、制度を使って移住を実現した人たちの声を聞いた。

あわせて読みたい

  • 「田舎で遊んでカネがもらえる」!? “おいし過ぎる”地域おこし協力隊の実態

    「田舎で遊んでカネがもらえる」!? “おいし過ぎる”地域おこし協力隊の実態

    週刊朝日

    6/20

    家賃1万円でもネズミ駆除に15万円  地方移住者の失敗談

    家賃1万円でもネズミ駆除に15万円  地方移住者の失敗談

    AERA

    10/4

  • コロナで変わる「地方移住」 地域おこし協力隊に応募殺到、オフィス移転も

    コロナで変わる「地方移住」 地域おこし協力隊に応募殺到、オフィス移転も

    週刊朝日

    9/17

    高知県で120 ミリ以上 記録的短時間大雨

    高知県で120 ミリ以上 記録的短時間大雨

    tenki.jp

    7/9

  • 若者食いつぶす“ブラック自治体” 地域おこし協力隊のトンデモ実態

    若者食いつぶす“ブラック自治体” 地域おこし協力隊のトンデモ実態

    週刊朝日

    6/20

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す