「大迫超え」の万能型、走り高跳び2強に風穴、体操で年齢制限クリア… 五輪延期で輝く「超新星」

2021/02/01 17:00

 東京五輪の1年延期で引退を決めたベテランがいる半面、この1年で五輪代表候補に名乗りをあげた若手もいる。開催はなお不透明だが、選手たちは今も「今年こそ」と信じて努力を続けている。AERA 2021年2月1日号は、延期の期間に力を伸ばした「新星」たちを紹介する。

あわせて読みたい

  • 次世代の日本のエースランナーは… 「大迫傑以降の選手」は育っているのか

    次世代の日本のエースランナーは… 「大迫傑以降の選手」は育っているのか

    dot.

    6/23

    不破聖衣来という新ヒロインも登場! 「女子駅伝」も男子に負けず盛り上がる予感

    不破聖衣来という新ヒロインも登場! 「女子駅伝」も男子に負けず盛り上がる予感

    dot.

    4/25

  • 箱根駅伝のキーワードは「東京五輪」 東海大、青山学院大、東洋大、駒大、国学院大の5強が争う

    箱根駅伝のキーワードは「東京五輪」 東海大、青山学院大、東洋大、駒大、国学院大の5強が争う

    週刊朝日

    1/2

    「金メダルも狙えるようになった」競泳の“超新星”佐藤翔馬 五輪延期が追い風に

    「金メダルも狙えるようになった」競泳の“超新星”佐藤翔馬 五輪延期が追い風に

    AERA

    1/25

  • 男子50キロ競歩、荒井広宙が五輪有力に

    男子50キロ競歩、荒井広宙が五輪有力に

    dot.

    4/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す