「サボり」「神経質」 コロナ後遺症への無理解とWHOが警告した理由

新型コロナウイルス

2020/11/17 07:02

 世界的に感染者の増加は続いている。米国では大統領選挙の開票作業の真っ最中だった11月4日、1日当たりの感染者数が10万人を超え、過去最多の約10万8000人を記録。5日には12万人を超えた。

 ヨーロッパでは、春に一部の地域でアウトブレーク(感染爆発)や医療崩壊が起きたイタリアやスペインだけでなく、フランスや英国、さらには比較的、少人数の感染者で抑えることのできていたドイツやオーストリアなど広範囲にわたり、今春の1日あたりの感染者数の2~4倍以上の感染者が、連日のように報告されている。

 イタリアやフランス、ドイツ、オーストリア、英国などでは、飲食店などの商業施設の営業禁止など、今春以来2度目となるロックダウンが次々に始まった。

 本来ならクリスマスに向けて一年でもっとも消費活動が盛んになる時期だけに、経済へのさらなる影響が懸念されている。ドイツでは全国2500カ所以上で開かれるクリスマスマーケットの中止が相次ぐ。日本でも人気のあるクリスマスのパン菓子シュトレン発祥の地、独ドレスデンで開かれるシュトレンフェスティバルの中止も決まった。

 日本でも、一足先に冬を迎えた北海道などで感染が増加傾向にある。11月5日には、北海道で初めて1日当たりの感染者が100人を超えている。(科学ジャーナリスト・大岩ゆり)

AERA 2020年11月16日号より抜粋

AERA (アエラ) 2020年 11/16 号【表紙:北野武】 [雑誌]

朝日新聞出版

amazon
AERA (アエラ) 2020年 11/16 号【表紙:北野武】 [雑誌]
1 2

あわせて読みたい

  • 症状が出ないまま治ってしまうのはなぜ? 新型コロナ重症化防ぐためのアドバイス

    症状が出ないまま治ってしまうのはなぜ? 新型コロナ重症化防ぐためのアドバイス

    AERA

    4/24

    濡れた手で「アルコール消毒」してはいけない

    濡れた手で「アルコール消毒」してはいけない

    ダイヤモンド・オンライン

    3/19

  • 「水だけで3日」「冬なら死んでいた」コロナ禍に家を失う若年層増加の現実

    「水だけで3日」「冬なら死んでいた」コロナ禍に家を失う若年層増加の現実

    AERA

    11/11

    【コロナ後遺症】米200万人調査では無症状の2割、ノルウェーでは感染者6割に症状

    【コロナ後遺症】米200万人調査では無症状の2割、ノルウェーでは感染者6割に症状

    AERA

    7/6

  • コロナ後遺症「なし」はわずか13% 徒労感や呼吸困難、ICUでのストレスも関係か

    コロナ後遺症「なし」はわずか13% 徒労感や呼吸困難、ICUでのストレスも関係か

    AERA

    9/1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す