東北舞台の芥川賞受賞作が映画化 若竹千佐子と宮藤官九郎が思う「東北弁の深い魅力」とは?

2020/11/09 17:00

 芥川賞受賞作『おらおらでひとりいぐも』が映画化される。カギになるのは東北弁。原作者の若竹千佐子さんと、主人公の「心の声=寂しさ」を演じた宮藤官九郎さんが語り合った。AERA 2020年11月9日号に掲載された記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • おらおらでひとりいぐも

    おらおらでひとりいぐも

    週刊朝日

    1/17

    濱田岳、青木崇高、宮藤官九郎で“心の声”を擬人化! 孤独な75歳女性を描く

    濱田岳、青木崇高、宮藤官九郎で“心の声”を擬人化! 孤独な75歳女性を描く

    週刊朝日

    11/10

  • 芥川賞作品を映画化! ひとりの老後も悪くない...老いの境地を赤裸々にさらけ出した「玄冬小説」

    芥川賞作品を映画化! ひとりの老後も悪くない...老いの境地を赤裸々にさらけ出した「玄冬小説」

    BOOKSTAND

    8/27

    芥川賞作家を小説へと導いた“孤独”「夫が私に自由をくれた」

    芥川賞作家を小説へと導いた“孤独”「夫が私に自由をくれた」

    AERA

    8/30

  • 宮藤官九郎×のんが“再会” 小泉今日子に「イリオモテヤマネコみたい」と言われた理由

    宮藤官九郎×のんが“再会” 小泉今日子に「イリオモテヤマネコみたい」と言われた理由

    AERA

    8/6

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す