角川春樹「勝たなければ明日はない」 レジェンド“最後”の作品に表れた意外な本質とは

2020/10/23 11:30

 1976年公開の「犬神家の一族」の公開以来、日本映画の歴史を塗り替えて来た角川春樹監が、10年ぶりにメガホンを取った。“生涯最後”だという監督作「みをつくし料理帖」のヒロインに抜擢されたのは、松本穂香さん。AERA 2020年10月26日号から。

あわせて読みたい

  • 角川春樹「マジックを見ていなさい」 映画公開前にヒロインをブレークさせる魔法とは

    角川春樹「マジックを見ていなさい」 映画公開前にヒロインをブレークさせる魔法とは

    AERA

    10/22

    原田知世と松本穂香の共通点とは? 映画「みをつくし料理帖」裏話

    原田知世と松本穂香の共通点とは? 映画「みをつくし料理帖」裏話

    週刊朝日

    7/18

  • 「映画のフォーマットを変えた」 “角川春樹”が日本映画にもたらしたもの

    「映画のフォーマットを変えた」 “角川春樹”が日本映画にもたらしたもの

    AERA

    10/24

    角川春樹78歳、子どもは7歳、ボクシングは週2 超人的能力に「俺は一体何者なんだ」

    角川春樹78歳、子どもは7歳、ボクシングは週2 超人的能力に「俺は一体何者なんだ」

    週刊朝日

    7/18

  • 松本穂香「私よりもっと可愛い子がたくさんいた」高校時代の思い出

    松本穂香「私よりもっと可愛い子がたくさんいた」高校時代の思い出

    週刊朝日

    11/18

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す