嵐・大野智「皆さんに恩返しがしたい」 5年ぶりの作品展「FREESTYLE 2020」に込めた思い (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

嵐・大野智「皆さんに恩返しがしたい」 5年ぶりの作品展「FREESTYLE 2020」に込めた思い

このエントリーをはてなブックマークに追加
坂口さゆりAERA
東京の絶景が眼下に迫る。嵐のシングル「カイト」のジャケットに使用された絵画も (c)FREESTYLE 2020 SATOSHI OHNO EXHIBITION

東京の絶景が眼下に迫る。嵐のシングル「カイト」のジャケットに使用された絵画も (c)FREESTYLE 2020 SATOSHI OHNO EXHIBITION

本展のために巨大キャンバスに描き下ろした新作、「巨大細密画」。制作工程を「楽しかった」と振り返った (c)FREESTYLE 2020 SATOSHI OHNO EXHIBITION

本展のために巨大キャンバスに描き下ろした新作、「巨大細密画」。制作工程を「楽しかった」と振り返った (c)FREESTYLE 2020 SATOSHI OHNO EXHIBITION

 嵐の大野智による作品展が開催中だ。5年ぶり3度目の今回は、創作活動の集大成となる。AERA 2020年10月19日号から。

【写真】本展のために巨大キャンバスに描き下ろした新作「巨大細密画」

*  *  *
 訪れたその日は晴天。エントランスを抜けると、ガラス窓の向こうには真っ青な空と東京の街が広がっていた。その大空間に設置されているのが、台座を入れて2メートル60センチにもなる巨大フィギュア「グリーンヘッド」。少しずつ回転しているそれは、まるで東京の中心を回っているかのようだ。

 皆さんに恩返しがしたい──。

 嵐・大野智さんのそんな思いからスタートした「FREESTYLE 2020 大野智 作品展」が、東京・六本木ヒルズ展望台 東京シティビューで開催されている。2008年の「FREESTYLE」、15年の「FREESTYLE II」(東京・大阪 ※同年には中国・上海で「FREESTYLE in Shanghai 2015 楽在其中」も実施)に続く、約5年ぶり3度目となる展覧会だ。

 大野さんの創作活動の集大成となる本展は、旧作から油彩やドローイングなど絵画約40点、フィギュアなどの立体作品約130点、写真約10点などを展示。新作は、「巨大細密画」や、嵐の58枚目のCDシングル「カイト」のジャケット写真のために描き下ろした作品など20点以上にのぼる。さらに、創作・展示のアーカイブまで幅広い作品を展示する。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい