トランプ米大統領「コロナで逆転演出」は裏目に? 軽視言動が「破壊」を招く理由

ドナルド・トランプ

2020/10/14 08:00

 すでに社会の分断が激しい米国で、自身への投票可能性がある有権者に強く響かないコロナ対策を重視しないトランプ陣営だが、大統領本人が感染してしまったことを逆にうまく利用して、前回選挙同様に最終盤でのどんでん返しにつながる奇策を生み出そうとしている節がある。

「トランプは再選のためなら何でもやる。なぜか? 大統領の職にあるうちは摘発できない脱税容疑など数々の疑惑があることを本人は知っている。大統領でいることが生命線だから必死度が違う」

 大統領就任前、トランプ氏がホストを務め、大衆の関心を集める演出術を開花させたとされるリアリティー番組を放送したエンターテインメント大手NBCユニバーサルの元幹部のマイク・シングトン氏(46)がオンライン取材で語った。

「トランプ政治は常にエンターテインメント」と揶揄するシングトン氏だが、今回、大統領は読み誤ったと考えている。

「米国社会は確かに分断しているが、同時にコロナは全国民に影響する深刻な問題。事前投票が進行するタイミングでの今回の大統領のコロナ軽視の言動は、彼自身にも破壊的だ」

(朝日新聞GLOBE編集部・山本大輔)

AERA 2020年10月19日号より抜粋

1 2

あわせて読みたい

  • トランプ氏を抑えバイデン氏が支持率リード 世論調査は4年前の経験踏まえ精度アップ

    トランプ氏を抑えバイデン氏が支持率リード 世論調査は4年前の経験踏まえ精度アップ

    AERA

    10/24

    トランプ夫妻がコロナ感染 大統領選はバイデン氏有利で“最後の手段”?

    トランプ夫妻がコロナ感染 大統領選はバイデン氏有利で“最後の手段”?

    週刊朝日

    10/7

  • 田原総一朗「陽性でも劣勢覆すか 侮れぬ“元気いっぱい”トランプ」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「陽性でも劣勢覆すか 侮れぬ“元気いっぱい”トランプ」

    週刊朝日

    10/21

    トランプ大統領「凶暴なクマ」はフェイク? 再選に向けた驚きの戦略

    トランプ大統領「凶暴なクマ」はフェイク? 再選に向けた驚きの戦略

    AERA

    4/26

  • 「トランプ大統領には投票しない」ジョン・ボルトン氏が激白 「彼が下す決断は一貫性なく感情的」と痛烈批判も

    「トランプ大統領には投票しない」ジョン・ボルトン氏が激白 「彼が下す決断は一貫性なく感情的」と痛烈批判も

    AERA

    10/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す