「野球の変なフォーム癖は将棋でもある」 糸谷哲郎八段が語る棋士と哲学

2020/10/02 08:00

 棋士の能力といえば、「読む」が重要だと思われがちだが「切る」も必要だ。AERA 2020年10月5日号では将棋的思考力を特集。その中からここでは、大阪大学文学部哲学科から同大学院博士前期課程修了の棋士、糸谷哲郎八段への単独インタビューを紹介する。

あわせて読みたい

  • 棋士と哲学“究極の二刀流” 糸谷哲郎八段が考える「将棋と学問の資質」の共通点

    棋士と哲学“究極の二刀流” 糸谷哲郎八段が考える「将棋と学問の資質」の共通点

    AERA

    10/1

    脳科学が解明したプロ棋士とアマチュアの差 「長考に妙手なし」の通りの結果に

    脳科学が解明したプロ棋士とアマチュアの差 「長考に妙手なし」の通りの結果に

    AERA

    10/3

  • 史上初の学生竜王「トップは将棋ソフトに負けない」

    史上初の学生竜王「トップは将棋ソフトに負けない」

    週刊朝日

    1/18

    ベテラン棋士の奮起は藤井聡太二冠の影響? AI将棋にはない「尊敬」の感情

    ベテラン棋士の奮起は藤井聡太二冠の影響? AI将棋にはない「尊敬」の感情

    AERA

    10/4

  • 将棋界の新星「ポスト藤井」は小学6年生 世界的数学者の父から「数学脳」を継承

    将棋界の新星「ポスト藤井」は小学6年生 世界的数学者の父から「数学脳」を継承

    AERA

    1/6

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す