医師1335人アンケートで見えた いま医師が望む「医療崩壊防止」「新型コロナ対応」策

新型コロナウイルス

2020/08/21 09:00

 医師たちが医療崩壊への危機感を募らせている。崩壊を防ぐ鍵となるのは、軽症者や無症状者への対応だ。AERAが実施した1335人への大規模アンケートや専門家、現場取材で苦境や課題が浮かび上がってきた。「医療崩壊」を特集したAERA 2020年8月24日号から。

あわせて読みたい

  • 行政の要請でコロナ受け入れで赤字 医師「最前線で闘って収入減は許されるのか」

    行政の要請でコロナ受け入れで赤字 医師「最前線で闘って収入減は許されるのか」

    AERA

    8/20

    「正直オリンピックなんてどうでもいい」医師1200人調査で見えた本音

    「正直オリンピックなんてどうでもいい」医師1200人調査で見えた本音

    週刊朝日

    4/24

  • 1年程度の延期に患者から不安の声!「コロナ医療とがん治療の両立」医師のジレンマ

    1年程度の延期に患者から不安の声!「コロナ医療とがん治療の両立」医師のジレンマ

    dot.

    5/19

    「軽症だからだめ」なら「症状から診断を」 医師が語る自己隔離の限界と識者らの警告

    「軽症だからだめ」なら「症状から診断を」 医師が語る自己隔離の限界と識者らの警告

    AERA

    4/20

  • 「冬には医療崩壊が起きる」 現場の医師が危惧する重症者が「たらい回し」になる日

    「冬には医療崩壊が起きる」 現場の医師が危惧する重症者が「たらい回し」になる日

    AERA

    8/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す