プラじゃなくていいものは変えていける エコバックや紙ストローを選んで海の生き物を守ろう 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

プラじゃなくていいものは変えていける エコバックや紙ストローを選んで海の生き物を守ろう

このエントリーをはてなブックマークに追加
上栗崇AERA#アエラtoSDGs
写真・小黒冴夏

写真・小黒冴夏

 新連載「アエラ to SDGs」では、2030年までに達成するべき目標として国連が定めた17のゴールSDGs(エス・ディー・ジーズ)について毎回一つずつ写真で表現し、私たちが考えるべきこと・できることは何かをテーマにお届けします。

*  *  *
 私たちが毎日のように使っているプラスチック製品。ごみとして海に流れ出すと微小な粒子の「マイクロプラスチック」になり、摂取した海の生き物たちに様々な悪影響が出る。2016年のダボス会議では「50年には海中のプラスチックが魚の重量を超える」との試算も示されている。プラじゃなくていいものは、変えていける。紙のストローにもちょっと慣れてきた。(写真・小黒冴夏/文・上栗崇)

AERA 2020年7月13日号


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい