虐待死の心愛さん「救えた命だった」 もし児相職員が報告書を読んでいたら…

2020/03/27 17:00

 千葉県野田市の栗原心愛(みあ)さん虐待死事件で、父親に懲役16年の判決が出された。凄惨で非道な事件はなぜ起きたのか。私たちはこの事件から「次」を起こさないためのすべを学ばなければならない。AERA 2020年3月30日号では、事件をめぐる背景を取材した。

あわせて読みたい

  • 野田市小4女児死亡事件 児童相談所でなく、警察に通報するしか虐待死は救えない

    野田市小4女児死亡事件 児童相談所でなく、警察に通報するしか虐待死は救えない

    AERA

    2/9

    野田市虐待死事件 心愛さんが父親に書かされた手紙全文「児童相談所の人には会いたくない…」

    野田市虐待死事件 心愛さんが父親に書かされた手紙全文「児童相談所の人には会いたくない…」

    dot.

    2/5

  • 児童虐待を防ぐには「おかしいと思ったら、迷わず通告」、専門家呼び掛け

    児童虐待を防ぐには「おかしいと思ったら、迷わず通告」、専門家呼び掛け

    AERA

    6/20

    野田市虐待死 DV受けていた母親が「この子さえいなければ…」と追い詰められる負の連鎖

    野田市虐待死 DV受けていた母親が「この子さえいなければ…」と追い詰められる負の連鎖

    dot.

    2/14

  • 心愛さん虐待死事件 父親が流した「自分がかわいそう」の涙…虐待加害者の心理とは

    心愛さん虐待死事件 父親が流した「自分がかわいそう」の涙…虐待加害者の心理とは

    AERA

    3/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す