獲得賞金2億円以上でも行き場なし…引退競走馬の厳しい“その後”

2020/03/22 11:30

 関係者の間ではこれまで話題にすることもタブーとされていた、引退競走馬のその後。繁殖用、乗用に転身する馬がいる一方、行き場を失い、殺処分という最期を迎える馬も。「ホースセラピー」などが受けられる滋賀県栗東(りっとう)市の施設・TCC Therapy Park(セラピーパーク)では、そうした引退競走馬をセラピーホースとして迎えるなど、支援活動を行っている。AERA 2020年3月23日号では、TCC Therapy Parkを運営するTCC Japan(TCC)の活動を取材した。

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す