東京医科大学の受験生差別に「違法」判決 あらゆる場の女性差別の警鐘に

大学入試

2020/03/20 17:00

 東京医科大学が女子や浪人生を差別していた不正入試問題で、東京地裁判決は、不利益を被った受験生に受験料などを返還するよう大学側に命じた。今回の判決は、入試以外のあらゆる場での女性差別に警鐘を鳴らすものとなりそうだ。AERA 2020年3月23日号では、今回の訴訟の社会的な意義に迫った。

あわせて読みたい

  • 医学部入試合格率、初の男女逆転 「女性差別」はなくなった?全国80大学男女合格率データ

    医学部入試合格率、初の男女逆転 「女性差別」はなくなった?全国80大学男女合格率データ

    dot.

    2/19

    医学部不正入試、月300時間労働の医師の過酷さが背景 変えるべきは働き方

    医学部不正入試、月300時間労働の医師の過酷さが背景 変えるべきは働き方

    AERA

    12/30

  • 面接で親の学歴や職業を聞かれ… 医学部入試に根強く残る「男女差別」と「鈍感力」

    面接で親の学歴や職業を聞かれ… 医学部入試に根強く残る「男女差別」と「鈍感力」

    AERA

    8/28

    医学部入試不正はなぜ私立大学ばかり…背景に何が?

    医学部入試不正はなぜ私立大学ばかり…背景に何が?

    AERA

    11/2

  • 消費者トラブル救済にもつながる? 東京医科大不正入試問題で使われた「特例法」とは

    消費者トラブル救済にもつながる? 東京医科大不正入試問題で使われた「特例法」とは

    AERA

    3/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す