出産「漠然といつか」は男女ともハイリスク 婦人科医師に聞く「出産・育児タイミング」

出産と子育て

2020/02/16 08:00

 キャリアを形成していくうえで、子どもを産むタイミングは重要だ。だが、肉体的には早めの出産が理想的だとわかっていても、仕事との兼ね合いから見極めは難しい。AERA2020年2月17日号は、26歳での出産を選択したという婦人科医に意見を求めた。

あわせて読みたい

  • がんになっても出産の希望を失わない

    がんになっても出産の希望を失わない

    AERA

    7/8

    産科医32時間連続勤務からの「働き方改革」 子育て医師も夜勤可能な仕組みとは?

    産科医32時間連続勤務からの「働き方改革」 子育て医師も夜勤可能な仕組みとは?

    AERA

    8/25

  • 『コウノドリ』作者「妊娠出産は、全ての人に幸せなコトとは限らない」

    『コウノドリ』作者「妊娠出産は、全ての人に幸せなコトとは限らない」

    dot.

    1/29

    特定の食べ物で母乳の質は変わらない 授乳中の食べ物に悩むママに朗報

    特定の食べ物で母乳の質は変わらない 授乳中の食べ物に悩むママに朗報

    AERA

    9/13

  • 公園でおじいちゃんに間違われる…“高齢で親になる”メリット・デメリットは

    公園でおじいちゃんに間違われる…“高齢で親になる”メリット・デメリットは

    AERA

    6/20

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す