高倍率な公立中高一貫校受験の併願狙い? 私立中学入試に「別」の思惑

大学受験

2020/01/26 08:00

 中学入試で、適性検査型の試験を導入する私立が増えている。適性検査型とは従来の4科テストではなく、科目合科型や作文などで選抜する新しいタイプの入試。非教科型、思考型、PISA型などとも呼ばれている。首都圏模試センターの調べによると、首都圏を中心とした実施校は2014年に38校だったのに対して19年には約147校に、応募者数は2千人から約1万3千人に拡大した。AERA 2020年1月27日号は「公立中高一貫校」の人気を取材。立ち向かう私立の「改革」とは――。

あわせて読みたい

  • 県立千葉、西京、小石川中教…難関大に強い「攻める」公立中高一貫69校はここだ!

    県立千葉、西京、小石川中教…難関大に強い「攻める」公立中高一貫69校はここだ!

    AERA

    1/22

    開成、北野、修猷館…「難関10国立大に強い高校」ランキング! 筑駒や灘のターゲットは?

    開成、北野、修猷館…「難関10国立大に強い高校」ランキング! 筑駒や灘のターゲットは?

    AERA

    10/30

  • 大学と公立中高一貫の入試、どちらも「太郎と花子」? 共通テストと適性検査「似ている」を検証

    大学と公立中高一貫の入試、どちらも「太郎と花子」? 共通テストと適性検査「似ている」を検証

    AERA

    3/7

    受験エリート校はダメ? 中学入試で「脳みそに汗をかく問題」が好まれる理由

    受験エリート校はダメ? 中学入試で「脳みそに汗をかく問題」が好まれる理由

    AERA

    1/25

  • 公立中高一貫校の受検対策で大切なのは「◯◯の生活」

    公立中高一貫校の受検対策で大切なのは「◯◯の生活」

    dot.

    7/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す