尾上菊之助による『国宝』の朗読に作者の吉田修一「これはちょっとした事件」

2019/12/20 08:00

 歌舞伎の世界を描いた、上下巻700ページを超える大作『国宝』を朗読したオーディオブックが完成した。語り部を務めた歌舞伎役者の尾上菊之助さんに、作者の吉田修一さんが言葉を寄せた。

あわせて読みたい

  • 尾上菊之助が吉田修一の『国宝』を朗読 「喜久雄の人生をともに歩んだ」

    尾上菊之助が吉田修一の『国宝』を朗読 「喜久雄の人生をともに歩んだ」

    AERA

    12/20

    尾上菊之助「歌舞伎役者の心」を明かす 『国宝』吉田修一との対談で

    尾上菊之助「歌舞伎役者の心」を明かす 『国宝』吉田修一との対談で

    週刊朝日

    12/22

  • 黒衣になった芥川賞作家が見た歌舞伎の裏側 印象深かった梨園の妻の存在感とは?

    黒衣になった芥川賞作家が見た歌舞伎の裏側 印象深かった梨園の妻の存在感とは?

    dot.

    9/7

    芥川賞作家が黒衣として歌舞伎界の裏側を見た 吉田修一の「国宝」

    芥川賞作家が黒衣として歌舞伎界の裏側を見た 吉田修一の「国宝」

    週刊朝日

    9/16

  • 寺島しのぶの息子が歌舞伎界、令和の主役に? 「資質は母親以上」の声

    寺島しのぶの息子が歌舞伎界、令和の主役に? 「資質は母親以上」の声

    週刊朝日

    8/22

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す