もはや「ゴッホという病」? キュレーターがあぶり出す天才の素顔とは

2019/12/15 16:00

 東京・上野の森美術館で開催中の「ゴッホ展」が好調だ。初期から晩年までの作品を通して見えてくるのは、「孤高と狂気の天才」というイメージとは別の顔だ。キュレーターの林綾野さんとゴッホの画業と人生をたどった。

あわせて読みたい

  • まるで生き写し? 怪優ウィレム・デフォー、最新映画でゴッホを演じる

    まるで生き写し? 怪優ウィレム・デフォー、最新映画でゴッホを演じる

    AERA

    11/10

    日本料理とココイチの意外な共通点…延江浩が考える「モノづくり」
    筆者の顔写真

    延江浩

    日本料理とココイチの意外な共通点…延江浩が考える「モノづくり」

    週刊朝日

    1/26

  • 酔った勢いで名画誕生!? アメリカ生まれのワークショップ「Paint&Sip」が東京でも

    酔った勢いで名画誕生!? アメリカ生まれのワークショップ「Paint&Sip」が東京でも

    AERA

    2/11

    ゴッホの「研究」の跡が見える日本の「ひまわり」 ロンドンの作品との違いは

    ゴッホの「研究」の跡が見える日本の「ひまわり」 ロンドンの作品との違いは

    AERA

    3/29

  • 安田章大「僕の人生における“分岐点”」 ゴッホに五感を研ぎ澄まして挑む理由

    安田章大「僕の人生における“分岐点”」 ゴッホに五感を研ぎ澄まして挑む理由

    AERA

    7/9

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す