「日本ワイン」はなぜおいしくなった? その背景にいたキーパーソンとは

2019/12/01 08:00

「日本で醸造され、日本産のぶどうを100%使ったワイン」を指す「日本ワイン」。その人気が急上昇している。大手ワインメーカー各社がこぞって増産計画を打ち出すほどの人気ぶりで、世界中のワイン通も熱視線を送っている。背景にはやはり、その味の向上がある。なぜ日本ワインは美味しくなったのか、その理由に迫ったAERA 2019年12月2日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • アルコール業界の“希望の星” 国産とは違う「日本ワイン」が空前の量産体制へ

    アルコール業界の“希望の星” 国産とは違う「日本ワイン」が空前の量産体制へ

    AERA

    11/30

    北海道・奥尻島のワインがおいしいらしい。潮風の香りがする個性的な味わい!!

    北海道・奥尻島のワインがおいしいらしい。潮風の香りがする個性的な味わい!!

    tenki.jp

    9/4

  • 日本ワイン専門バー女将が教える、「日本ワイン×和食」珠玉の組み合わせ6選

    日本ワイン専門バー女将が教える、「日本ワイン×和食」珠玉の組み合わせ6選

    AERA

    12/2

    「このままでは廃れてしまう」危機感募る甲州のある白ワイン

    「このままでは廃れてしまう」危機感募る甲州のある白ワイン

    週刊朝日

    8/30

  • 米を捨てブドウを 秋冷えが生んだ山形「ソレイユ・ルバン」

    米を捨てブドウを 秋冷えが生んだ山形「ソレイユ・ルバン」

    週刊朝日

    8/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す