デジタル配信主流の時代に面倒なアナログ・レコードがいまだ人気のワケ

岡村詩野の音楽日和

AERAオンライン限定

2019/10/29 16:00

 世界規模でアナログ・レコードが再評価されるようになって久しい。と言っても、近年特に注目されるのは、ダウンロードや定額制配信サービスなどを通じてPCやスマホで聴くスタイルと、レコード・プレーヤー(ターンテーブル)にレコードを載せて聴くスタイル、どちらも利用しながら自在に音楽を楽しむ人が増えているということ。

あわせて読みたい

  • 『11月3日はなんの日?』アナログレコードの祭典「レコードの日」、各地でイベントも

    『11月3日はなんの日?』アナログレコードの祭典「レコードの日」、各地でイベントも

    Billboard JAPAN

    11/4

    デジタル時代に売れ続ける「アナログレコード」 生活を豊かにする「魅力」を次世代に

    デジタル時代に売れ続ける「アナログレコード」 生活を豊かにする「魅力」を次世代に

    AERA

    5/22

  • 2020年の全米でのアナログ盤年間売上が過去最高を記録、最も売れたのはハリー・スタイルズ

    2020年の全米でのアナログ盤年間売上が過去最高を記録、最も売れたのはハリー・スタイルズ

    Billboard JAPAN

    1/12

    デジタル配信より音がいい? アナログレコード人気再燃

    デジタル配信より音がいい? アナログレコード人気再燃

    AERA

    5/27

  • アナログ・レコードの販売数は前年比約1.3倍増! SoundScan JapanのAL/SG売上TOP5タイトル発表

    アナログ・レコードの販売数は前年比約1.3倍増! SoundScan JapanのAL/SG売上TOP5タイトル発表

    Billboard JAPAN

    1/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す