高橋大輔がアイスダンスに転向 33歳の挑戦「目標は北京五輪出場」 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

高橋大輔がアイスダンスに転向 33歳の挑戦「目標は北京五輪出場」

このエントリーをはてなブックマークに追加
野口美恵AERA
アイスダンス転向を公表した高橋大輔とパートナーの村元哉中。二人の成長は、北京五輪の団体戦でのメダルをも左右する (c)朝日新聞社

アイスダンス転向を公表した高橋大輔とパートナーの村元哉中。二人の成長は、北京五輪の団体戦でのメダルをも左右する (c)朝日新聞社

 フィギュアスケート男子シングル復帰2季目の高橋大輔選手がアイスダンスへの転向を公表した。パートナーの村元哉中(かな)は同じ関西大学の出身。大学内のリンクで練習を共にしたこともあるという。AERA 2019年10月14日号に掲載された記事を紹介する。

【写真】高橋大輔フォトギャラリー 眩しい白シャツ姿から麗しの光源氏まで

*  *  *
「競技者としてやるにあたり、2022年を掲げることはすごく大事なこと。簡単なことではないのは承知のうえで、大きな目標の一つとして掲げて目指していくということは、アイスダンスをやるとなった時に、2人で一緒に決めました」

 フィギュアスケート男子で2010年バンクーバー五輪銅メダリストの高橋大輔(33)が、アイスダンスへの転向を表明した。9月30日の会見で、高橋の口からは明確に北京五輪挑戦の言葉が出た。まさに青天の霹靂とでもいうべき決意表明だ。五輪メダリストが33歳でアイスダンスに転向というのは前代未聞で、果たして北京五輪が現実的なのかも、推し量れない。

 転向の話が浮上したのは今年1月。アイスダンスのパートナーとなった村元哉中(かな)(26)からの誘いだった。村元は18年平昌五輪15位、世界選手権11位と日本歴代最高順位を記録したものの、パートナーとペアを解消し、相手を探していた。高橋は言う。

「もともとアイスダンスは好きなので、引退したら趣味でやってみたいとは思っていました。哉中ちゃんからオファーがあって面白いな、でも僕でいいの?という感じでした。僕は身長も低くて、アイスダンス経験もないし、33歳。もっと若かったら前向きに行けるけど大丈夫かなと思いました」

 高橋は、昔からアイスダンスが好きで、男子の試合の合間にはよく演技を観戦していた。11年夏にはフランスのアイスダンスチームのもとでエッジワークのレッスンを受け、

「膝の使い方がまったく変わった。演技に幅がでた」

 と、アイスダンスの魅力を実感したこともある。

 まずはトライアウトをすることになり今年7月、アイスショーの練習の合間に2人で滑った。

「すべてがシングルとは違いました。近くに人がいて滑るというのは、二十何年滑ってきてもなかった経験。距離感が怖いと思いました。でも、お互いの力が合わさった時のスピード感や、身体の傾きは、1人では感じられない世界観がありました」

 村元と組んだ第一印象を、高橋は村元に「楽しかった」と伝えた。そこで心が決まった。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい