4歳の弟を激しく殴打、父は風呂場に連れて行き…虐待を生き抜いた3人が壮絶な実態を発信

2019/10/07 11:30

 体罰や性的虐待、精神的な支配──親からの過酷な虐待を生き抜いた3人がグループを結成し、講演などで実態を伝えている。三人三様の体験を発信し、痛ましい事件をなくしたいという思いが原動力だ。AERA 2019年10月7日号に掲載された記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 幼少期は「暴力人間」と呼ばれ…虐待が与える影響をサバイバーが語る

    幼少期は「暴力人間」と呼ばれ…虐待が与える影響をサバイバーが語る

    AERA

    10/7

    救急車に「虐待の早期発見チェックシート」を配備 医師とは違う視点で得た情報を共有

    救急車に「虐待の早期発見チェックシート」を配備 医師とは違う視点で得た情報を共有

    AERA

    12/12

  • 「両親へ。できるなら惨殺したい…」虐待被害者の声を集めた深刻事情

    「両親へ。できるなら惨殺したい…」虐待被害者の声を集めた深刻事情

    AERA

    1/28

    「虐待連鎖」の背景 虐待サバイバーが指摘する「『助けて』を言うのが怖い」理由

    「虐待連鎖」の背景 虐待サバイバーが指摘する「『助けて』を言うのが怖い」理由

    AERA

    2/18

  • 虐待の連鎖を断ち切るには「公的支援と教育が必要」 虐待から生き抜いた女性が説く

    虐待の連鎖を断ち切るには「公的支援と教育が必要」 虐待から生き抜いた女性が説く

    AERA

    2/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す