羽生結弦「見とけ、世界!」 北京五輪を視野にクワッドアクセルへ挑む (2/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

羽生結弦「見とけ、世界!」 北京五輪を視野にクワッドアクセルへ挑む

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA#羽生結弦
羽生結弦 (c)朝日新聞社

羽生結弦 (c)朝日新聞社

「まだ完璧と言えるものがなく心残り。負けたままで終わらせたくなかった。完成させたうえで悔いなくこのプログラムを終えたい。気持ちのこもったプログラムをしっかりしたい」

 そして、迎えた今季初戦のショート。新調した青色の衣装に身を包み、大歓声のなかリンクへ。冒頭の4回転サルコー。「考えすぎた」と転倒。公式練習ではあまり失敗していなかったサルコーでミスが出た。

 しかし、こんなことで演技は崩れない。続くトリプルアクセル(3回転半)は回転技(ツイズル)で入り、着氷後再びツイズルにつなげる。難しいトリプルアクセルだが、

「初めて納得いく入りで跳べた。この入りが一番この曲にあっている。一番やりたかったものに戻してできた。自分の中では100%に近い」

 出来栄え点(GOE)も3.68点を引き出した。最後の4回転─3回転の連続トーループもGOEは3.99点の高評価。スピン、ステップは最高のレベル4を獲得。それでも、羽生は唇をかんだ。

「いつもの初戦とは違って、自分の中で完成形が見えている状態で挑んでいる。やっぱり、ノーミスできないとすごく悔しいなという気持ちが強くあります」

 ショート1位で迎えたフリー。冒頭の4回転ループ、続く4回転サルコーでは着氷でバランスを崩したが、なんとか耐えた。

「あのループとあのサルコーは本当によく立ってくれたなと思った。(演技後、右足に)ありがとうと思った」

 その後の4回転トーループ2本は回転不足の判定を受けた。フリー180.67点、合計279.05点で優勝を飾ったが、悔しさを隠さなかった。

「いいジャンプが跳べてナンボだと思うので、この構成ではやっぱりクリーンに滑りたかったなと思っています。ノーミスしたい気持ちがすごく強い」

 それほど、今季のショート、フリーの精度を追い求めている。

 大会終了後、羽生は日本メディアを中心に取材に応じた。2年半後にある2022年北京五輪について、羽生は、大勢の記者を前に初めて言及した。


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい