村上春樹さんラジオ公開収録でジャズバー「ピーター・キャット」を再現 (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

村上春樹さんラジオ公開収録でジャズバー「ピーター・キャット」を再現

このエントリーをはてなブックマークに追加
小柳暁子AERA
現在発売中の「文學界」2019年8月号にも最新の短編2編が発表されたばかりの村上春樹さん(中央)。シンガー・ソングライターのスガシカオさんなど、豪華ゲストが次々と登場した(TOKYO FM提供)

現在発売中の「文學界」2019年8月号にも最新の短編2編が発表されたばかりの村上春樹さん(中央)。シンガー・ソングライターのスガシカオさんなど、豪華ゲストが次々と登場した(TOKYO FM提供)

最後はオールキャストによる「チュニジアの夜」のジャムセッションでライブは最高潮の盛り上がりを見せた。渡辺貞夫さん(アルトサックス、中央左)と北村英治さん(クラリネット、中央右)(TOKYO FM提供)

最後はオールキャストによる「チュニジアの夜」のジャムセッションでライブは最高潮の盛り上がりを見せた。渡辺貞夫さん(アルトサックス、中央左)と北村英治さん(クラリネット、中央右)(TOKYO FM提供)

「春樹さんは自分の文章の先生はジャズだとよく言っています。リズムとハーモニーとインプロヴィゼーションが大事だと。その三つを大事にしたイベントでした」(延江さん)

 入場を待つ列に並ぶ幸運なリスナーたちの表情は、一様に華やいでいた。カップルや子ども連れなどでにぎわうホワイエには、村上さん自身が撮影した書斎の写真が飾られ、バーカウンターでは無料でウイスキーやワインがふるまわれた。村上さんの本の装丁でおなじみの、フジモトマサルさんのキャラクターを使用したフォトフレームの記念写真のプレゼントもあった。

 18時30分、村上さんの登場によりイベントが始まった。

「すごいメンバーが今日集まってくれたので、素敵な夜になると思います。どうぞ楽しんでください」(村上さん)

 めったに公の場に姿を現さない村上さんを前に、観客はやや緊張気味に見える。しかし村上さんは終始、舞台下手のDJブース前で語り、“主役は音楽”という立ち位置。このライブを一音楽ファンとしても、心から楽しんでいる様子だった。(編集部・小柳暁子)

AERA 2019年7月15日号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい