グローバル5に猛追 「国際系」学部の志願者増のカギとは? (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

グローバル5に猛追 「国際系」学部の志願者増のカギとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
柿崎明子AERA#大学入試
法政大学/学内に設けられたGラウンジには、留学生や日本人学生が集まり会話を楽しんでいる。ドイツ語、フランス語、ロシア語で交流できる「多言語カフェ」が開かれることも(撮影/横関一浩)

法政大学/学内に設けられたGラウンジには、留学生や日本人学生が集まり会話を楽しんでいる。ドイツ語、フランス語、ロシア語で交流できる「多言語カフェ」が開かれることも(撮影/横関一浩)

2019年度入試の志願者数前年度比(AERA 2019年5月13日号より)

2019年度入試の志願者数前年度比(AERA 2019年5月13日号より)

 留学先では国際関係をテーマに人の安全保障を学んだ。授業で課せられたリーディングは毎週200ページ。図書館にこもり、辞書を片手に勉強した。国だけでなく、個人に焦点を当てた「安全保障」という概念に関心を持った。帰国後はGISで国際関係学のゼミを履修し、国連が提唱するSDGs(持続可能な開発目標)を扱った授業で、アデレード大学での学びがぴたりと重なった。

「SDGsは貧困や飢餓の撲滅を目標に掲げていますが、これも個人を守る安全保障のひとつだと思いました」(同)

 入学時、鳥塚さんの目標はCAだったが、留学をきっかけに進路が大きく変わり、現在は農業機械メーカーを志望している。機械化を進めて農作業を効率化すれば、より多くの人に食物が行き渡ると考えているからだ。

 留学はグローバル人材の育成に欠かせないプログラムだ。前出の後藤さんは言う。

「留学を希望するなら、志望大学の協定校数や協定大学を調べておくべきです。交換留学には学費や手続きの負担が少ないというメリットがあり、法政大学のように奨学金制度が整っていれば、経済的な心配なしにチャンスを広げることができます」

 英語力は留学に必須だが、鳥塚さんがそうだったように、進路を選ぶツールに過ぎない。(ライター・柿崎明子)

AERA 2019年5月13日号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい