ガールズバンドCHAI「この顔で世界一になったらみんながハッピーに」 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ガールズバンドCHAI「この顔で世界一になったらみんながハッピーに」

このエントリーをはてなブックマークに追加
松永良平AERA
【ミュージシャン】CHAI/2015年 名古屋で本格始動。(左から)カナ(ヴォーカル、ギター)、ユウキ(ベース、コーラス)、マナ(ヴォーカル、キーボード)、ユナ(ドラムス、コーラス)(撮影/中磯ヨシオ)

【ミュージシャン】CHAI/2015年 名古屋で本格始動。(左から)カナ(ヴォーカル、ギター)、ユウキ(ベース、コーラス)、マナ(ヴォーカル、キーボード)、ユナ(ドラムス、コーラス)(撮影/中磯ヨシオ)

 現在アメリカ・カナダツアー中の新生ガールズバンド、CHAIがAERAに登場。ますます活躍の舞台を広げる彼女たちに、現在の想いを聞いた。

【写真】AERA表紙にミュージシャン・CHAIが登場!

*  *  *
 撮影と取材が行われたのは、テキサスで行われるアメリカ最大の音楽見本市「SXSW(サウス・バイ・サウスウェスト)」への出演を皮切りに行われるアメリカ、カナダをめぐるツアー出発直前。SXSWに日本人アーティストが3年連続で出演するのは極めて異例だし、長期にわたるツアーの日程も彼女たちへの海外からの期待感を物語っている。ただし、「海外で人気がある日本のバンド」という見え方になってしまうことにも抵抗があるという。

「日本だけで売れてるのも、海外だけで売れてるのもやだ。『音楽やるならてっぺんでしょ、なんでてっぺん狙わないの?』って思っちゃうから。やるならとことんやろうよ、って」(カナ)

 2018年リリースのEP「わがまマニア」、そして19年2月リリースのセカンドアルバム「PUNK」からは、自分たちのキャラクターやキャッチフレーズ<NEOかわいい>から、さらに前進したミュージシャンとしてのCHAIの姿がストレートに伝わってくる。

「<NEOかわいい>って言葉がこんなに大きくなるとは思わなかったし、(そればかり言われるのは)曲よりもメッセージが強くなりすぎているのかなと思ったりしちゃう」(カナ)

「圧倒的に大事にしてるのは曲」(ユウキ)

 18年秋にイギリスを共にツアーしたスーパーオーガニズムをはじめ、海外からのラブコールも多い。だからこそ、日本から生まれた自分たちの音楽を貫くことが大事。それを彼女たちはいまも学びながら実践している。

「唯一無二は大事にしてる。誰にも似ないこと。“~みたい”って言われないように、CHAIにしかできない音楽を常にやってるから」(マナ)

(ライター・松永良平)

AERA 2019年3月25日号


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい