厚労省、今度は放射線量データに誤り 2カ月近く放置の 「言い訳」

2019/02/19 08:00

 厚生労働省が公表した食品の放射線量の測定値に誤りがあると東大助教が指摘した。だが、ずさんな扱いをされたデータが2カ月近く放置され、風評被害にもつながっている。

あわせて読みたい

  • 放射能は300年消えず。食品汚染の今 原発事故から4年、あの問題は…

    放射能は300年消えず。食品汚染の今 原発事故から4年、あの問題は…

    AERA

    3/2

    ブルガリア産ブルーベリー 同じ商品3つが全て基準値100ベクレル超え

    ブルガリア産ブルーベリー 同じ商品3つが全て基準値100ベクレル超え

    週刊朝日

    10/16

  • 正月の食卓を直撃する放射能不安

    正月の食卓を直撃する放射能不安

    週刊朝日

    12/27

    放射性物質検査 日本の監視員はEUの10分の1

    放射性物質検査 日本の監視員はEUの10分の1

    週刊朝日

    10/18

  • セシウム検査で判明した子どもの体内被曝の深刻度

    セシウム検査で判明した子どもの体内被曝の深刻度

    週刊朝日

    9/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す