天皇陛下の戦争被害国への訪問に見る「和解」の難しさ

皇室

2019/02/04 08:00

 4月末に退位する天皇陛下は、皇后さまとともに即位以来19回28カ国、皇太子時代から数えると51カ国もの国々を訪れてきた。なかには日本による戦争の被害を受けた国もあり、訪問の実現に向け尽力した人たちがいた。朝日新聞編集委員の北野隆一氏がレポートする。

あわせて読みたい

  • 天皇陛下オランダ訪問実現の裏側 歴代大使の「対話」とは?

    天皇陛下オランダ訪問実現の裏側 歴代大使の「対話」とは?

    AERA

    2/4

    初の英国訪問で受けた「逆風」が天皇陛下にもたらしたもの

    初の英国訪問で受けた「逆風」が天皇陛下にもたらしたもの

    週刊朝日

    5/22

  • 天皇、皇后両陛下は、なぜ被災地を巡るのか 皇室担当記者たちが明かす未公開秘話

    天皇、皇后両陛下は、なぜ被災地を巡るのか 皇室担当記者たちが明かす未公開秘話

    週刊朝日

    2/24

    天皇陛下の「焦りにも近い気持ち」パラオ訪問の裏に

    天皇陛下の「焦りにも近い気持ち」パラオ訪問の裏に

    AERA

    4/28

  • 生前退位表明の3週間前に天皇陛下が同級生に明かしたお気持ち

    生前退位表明の3週間前に天皇陛下が同級生に明かしたお気持ち

    週刊朝日

    1/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す